植毛しても気づかれる心配はありません

プロペシアやミノキシジルなどの薬による薄毛治療は、長期で続けなければならないので面倒と思う方は、植毛にチャレンジするようにしてください。

術後に誰かに気付かれるのではないかと心配する方もありますが、自然な仕上がりになるので、その心配はありません。
術後しばらくすると、頭皮から新しい自分の毛が生えてくるので、それと混ざればわからなくなるでしょう。
注意しなければならないのは術後1週間前後ですが、このときは移植部位に出来た傷が周囲の人に見られる可能性があります。

傷跡は小さいので、近くで見なければわかりませんが、怪しまれたくないという方は、前髪を下ろして、生え際を隠すようにしましょう。

植毛後に腫れたり、かさぶたになることもありますが、生え際が見えないようにしていれば気付かれることはないでしょう。

髪の毛の量が全体的に少ない人の場合は、前髪を下ろしたくても下ろせないので、移植部を隠すことが出来ません。

しかし植毛後に創傷治療を受けていれば、周囲から気付かれにくくなります。

口コミ評判の高い植毛情報サイトをご利用下さい。

傷口が乾燥するとかさぶたが出来るので、それが出来ないように湿潤を保ちつつ、傷を早く治癒する方法で、傷跡を目立たなくさせる効果があります。



創傷治療を受ければ、ある程度は傷口をわからなくさせられますが、腫れや赤みを完全になくすことは難しいので、しばらくは帽子をかぶって生活するのも良いでしょう。



大体14日ほど経てば腫れや赤みが消えるので、そのあいだは帽子で傷口を隠すようにしてください。